12歳少女が最愛の父を追って首吊り自殺。遺書には「どうしてもパパと一緒にいたい」。(ポーランド)

       
このほどポーランドで大変痛ましい事件が起きた。たった12歳の女の子が自らの手で命を絶ってしまったのだ。亡くなった最愛の父親に「どうしても会いたい」として天国に旅立っていった娘に、母は深くうなだれている。

ポーランドのワルシャワから西に350kmほどに位置する、レシュノという町に暮らすマリア・キスローちゃんという女の子は、父アレック・キスローさんの深い愛情の中で成長した大変なる“パパっ子”であった。しかしそのアレックさんは2009年に突然の心臓発作に襲われて急逝。まだ10歳にも満たないマリアちゃんが、最愛の父親の死をどれほど嘆き悲しんだかは想像に難くない。

すでに12歳になっていたが、いくら月日が過ぎてもその悲しみを乗り越えることが出来なかったマリアちゃん。このほどなんと自分の寝室で首を吊って自らの命を絶ってしまった。眠る前のひと時に本の読み聞かせをしようとマリアちゃんの部屋に入った母モニカさん(35)が、その変わり果てた姿を発見したという。

モニカさんは息子のミハウ君(13)に声をかけて懸命にマリアちゃんの体を降ろしたが、すでにその息は絶えており、部屋からはモニカさんに宛てた「愛するママ、お願いだからどうか悲しまないでね。私、パパが死んでしまって寂しくてたまらなかったの。パパにどうしても会いたくて…」という遺書が確認された。あまりにも深い悲しみと喪失感とですっかり打ちひしがれているモニカさんは、英紙『デイリー・ミラー』の取材にこう答えている。

「パパが死んだことでマリアがそんなにも寂しい思いをしていたなんて、そうと知って私も驚いています。マリアはパパのことを決して話題にしなかったし、私の前でも学校でも本当に楽しそうにしていたのですから。」

笑顔を失ってしまったモニカさんはさらに、「主人を亡くし、それを追って娘まで亡くしてしまい、私はこの先ちゃんと生きていけるのか全く自信がありません。もしも息子のミハウがいなければ、この私だってきっと…」と語ると肩を落としていた。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。