学生の食べ残しを食べ続ける元教師。(中国)

学生の食べ残しを食べ続ける元教師。(中国)
元教師、料理が大量に捨てられることに胸が痛み…。 (写真はイメージです)
「食べ物を粗末にしてはいけない」という教えは世界各国共通のようだ。中国山東省にある烟台大学の学生食堂で、皿の片付けをしているアルバイトの呉さん。呉さんは毎日学生の食べ残しを自分のお昼ご飯と夜ご飯に充てているという。

「自分たちの時代は食べ物を粗末にするなと教えられたが、時代は変わった。今の学生は…」と語るのは、20年に及ぶ教師生活を終え今年退職したばかりの呉さん。年金が少ない呉さんは、同大学の学生食堂でアルバイトをしている。しかし、このアルバイトを通して学生の食べ残しのあまりの多さに驚愕したという。おかずが半分残っている皿、一口二口しか手をつけていない皿が毎日毎日机の上を埋め尽くす。幼い頃から質素な生活をしてきた呉さんにとって、食べ物を捨てるという行為は大変胸が痛むものだ。「どうすればこれらのおかずを捨てずに済むのか?」。呉さんが考えた方法は、学生が食べ残したおかずを呉さんの同僚6~7人のお昼ご飯と夜ご飯に充てるというものだった。

ある学生から「他人の食べ残しを食べて汚いとは思わないのですか?」と質問された呉さんは、「汚い? 何で汚いの? 私は教師を20年間やってきた。私の教え子はみんな自分の子供だと思っている。家庭でも同じだろう? 子供がご飯を残したら親は捨てずにそのご飯を食べるのと一緒さ。学生の食べ残しを食べ始めて5か月ほど経つけど、一人でも多くの学生がこの行動に共感して、食べ物を大事にしてくれたら嬉しい」と微笑みながら語った。
(TechinsightJapan編集部 藤川)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年11月1日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら