新税制により“偽装離婚”急増か。北京市の離婚率は前年度比4割増!(中国)

新税制により“偽装離婚”急増か。北京市の離婚率は前年度比4割増!(中国)
北京市で離婚率が前年度比41%もアップ (写真はイメージです)
このところ夫婦の離婚率が急激にアップしてしまったのが、中国・北京市。3月に導入された不動産売却に関する新しい税法がきっかけで、偽装結婚ならぬ“偽装離婚”に踏み切る夫婦が増えたのではないかと話題を呼んでいる。

中国・北京で今年1月から9月までに離婚した夫婦の数は約4万組。前年度の同時期と比較するとなんと41%も上昇したそうだ。なぜ北京で離婚率が急激に高まっているのか専門家も注目していたが、そこで見えてきたキーワードは意外なものであった。

それはなんと“不動産売却”。北京市在住の結婚相談専門家、Li Ziweiさんは『北京青年報』紙に「近年の不動産価格の異常な高騰に、今こそ不動産に投資したい、儲けになる不動産を売却したい、しかしその売却益にかかる税金だけは支払いたくないという人々は増える一方です。そのような中で3月から新しい税法が導入されました。この時から離婚する夫婦が増えたように思われます」と説明している。

実は今年3月、中国・国務院弁公庁は高騰する不動産価格を抑える対策として「国五条」を打ち出し、原則として不動産売却時のキャピタルゲイン(売買で発生した差益)につき譲渡所得税20%を課すと定めた。それまでの税率が1~2%であったことから、売却を狙う人々にはかなり痛い増税であったが、このような文言がそこに付加されていることを北京市の人々は見逃さなかった。

「夫婦は2つまで不動産を共有すること、および離婚により分ける際は1人ずつの名義にすることが許される。またもしも復縁して婚姻関係に戻るのであれば、その場合に限り不動産を売却するにあたっては非課税とする。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年11月7日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。