大型犬が女児を噛み殺した事故。レスキューセンターが危険なピットブルを譲渡か。(英)

大型犬が女児を噛み殺した事故。レスキューセンターが危険なピットブルを譲渡か。(英)
女児を噛み殺した犬は飼育禁止のピットブルだった! 画像はSky Newsのスクリーンショット
昨日、「イギリスで4歳の女の子が飼い始めたばかりの大型のマスティフ犬に噛み殺された」というニュースをお伝えした。ところがその後、近隣住民による新たな情報が続々と出てきた。犬はマスティフではなく条例により禁止されているピットブルで、犬の里親を探すレスキューセンターが誤った認識のもとで譲渡していた可能性があるという。

英レスターシャー州マウントソレルのロウィーナ・コートで5日、ブランソンさん一家が最近飼い始めた犬が4歳の娘レキシーちゃんを噛み殺すという悲惨な事故が発生。レキシーちゃんはヘリコプターでノッティンガムの病院に搬送されたが、失血がひどくすでに心肺停止の状態であった。

レスターシャー州警察が「国の条例で危険な犬として繁殖と飼育が禁じられているアメリカン・ピット・ブル・テリア(通称ピットブル)、土佐犬、ドゴ・アルヘンティーノ、フィラ・ブラジレイロの4種ではない」と発表したことから、事件直後には『Mirror』、『ITV』、『Sky News』ほか多数のメディアがレキシーちゃんを噛み殺した犬を“ボルドー・マスティフ(=フレンチ・マスティフ)として伝えていたのだが、その後に報道内容のアップデートを迫られた。なんと犬の種類はマスティフではなく、“Mulan”と名付けられたピットブルであったことが判明したのだ。

またレキシーちゃんはその日は具合が悪くて学校を休んでいたことや、警察が「事故直後に犬は殺された」と説明したのは、レキシーちゃんの母ジョディ・ハドソンさんがキッチン・ナイフで刺したためであったこともわかってきた。しかし最も注目すべきは、そのピットブルをブランソン家に引き渡したレスキューセンターに誤った認識があった可能性が出てきたことである。そのピットブルはジョディさんが2か月ほど前に、「Willow Tree Dog Rehoming Centre」という

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年11月7日の国際総合記事
「大型犬が女児を噛み殺した事故。レスキューセンターが危険なピットブルを譲渡か。(英)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    君子危に近寄らず。明らかに危険種ではない物を受け入れるべきだったと思います。闘犬種は顎の力が物凄く強く、頭など噛まれると原型を留めません。

    0
  • いや 通報

    こんなもん、犬じゃないだろ バケモンだ

    0
  • 匿名さん 通報

    >ヒステリックに『幼い子供と遊ばせても安全だと言われてこの犬を譲られたのに』と繰り返し叫んでいました。  ←  なんて言い訳がましいひとなんでしょう

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。