磯野貴理子の“突き抜けた幼児性”は才能か。長所は「元気」さだけ?

若い年代からするとタレントの磯野貴理子(49)のイメージは、「うるさいオバさんで不快」という声がネット上では多い。大袈裟な身振り手振りや必要以上に大きな声等々、検索すると辛辣な意見が次々と出てくる。だが彼女のこのような特徴は中年女性特有のものではなく、なんと極端に精神年齢が低いのが原因だというのだ。

11月7日放送の『プレバト!!』(TBS系)2時間スペシャルで査定したリズム感・表現力・芸術センスでは、磯野貴理子はどれも順位は10人の真ん中あたり、才能がアリでもナシでもない凡人中の凡人という結果である。俳句を作ったり生け花をしたり、カスタネットを演奏したり。彼女は全て楽しそうにやっているのだが、どうも物事に対する考え方やとらえ方に深みが感じられない。それが顕著に出たのが、表現力が問われる俳句の作成であった。

「空の青 赤いもみじが 笑ってる」。秋の京都の映像を見て磯野が詠んだ俳句である。査定した専門家によると、空と紅葉を当たり前の色で表現している幼さ。そして最後の“笑ってる”に、突き抜けた幼児性が表れているそうだ。50歳手前の女性とは思えない幼稚さであるが、これが彼女の持ち味だという。

磯野の精神年齢が極端に低いことを指摘した別番組が、少し前にもあった。10月26日放送の『性格ミエル研究所』(フジテレビ)は、心理学と統計学を掛け合わせて科学的に人間の性格を分析。この時の磯野の診断は、“無邪気なハッピー野郎、自由すぎる永遠のお子様”との結果であった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 磯野貴理子 脳梗塞
磯野貴理子のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年11月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「磯野貴理子 + 脳梗塞」のおすすめ記事

「磯野貴理子 + 脳梗塞」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュース

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山口紗弥加」のニュース

次に読みたい関連記事「山口紗弥加」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。