ジブリ映画『かぐや姫の物語』のコピー「姫の犯した罪と罰」に高畑勲監督は反対だった。

ジブリの新作『かぐや姫の物語』のキャッチコピー「姫の犯した罪と罰」に監督の高畑勲氏は当初、反対していたという。このコピーを考えたのは鈴木敏夫プロデューサーだが、彼はどうやって高畑監督を納得させたのか。

キャッチコピー「姫の犯した罪と罰」は本作に絵本などで描かれる“かぐや姫”からは想像がつかないドラマが隠れていることを伝えようとしている。

11月26日に放送された番組『100秒博士アカデミー』に出演したスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがこのコピーを提案すると高畑監督から「気品がない!」と一蹴されたことを明かした。

しかし、鈴木氏は「姫の犯した罪と罰」にこだわった。なんとか監督を説得しようと考えた彼は、まず「清く、凛々しく、美しく」という高畑監督が気に入りそうなコピーを作った。監督に見せると「これなら問題ない」と納得した。

そこで、今度は周囲の人々に2つのコピーを見せて意見を聞いたところ「姫の犯した罪と罰」が好評だったのだ。それには監督も意見を押し通すわけにいかなかったようで「勝手にやってください!」と不本意ながら承諾したのである。

鈴木氏が考えた「姫の犯した罪と罰」とは何を意味するのか。『かぐや姫の物語』は「単なるかぐや姫でない。それを一言で言いたかった」とキャッチコピーの意図を明かしている。

また『千と千尋の神隠し』では、鈴木氏がキャバクラが好きな友人の編集者から聞いた「新米のキャバ嬢は口下手でコミュニケーションをとるのが下手だけど、お客と会話するうちに明るい元気な娘に育っていくんだ」という話をしたところ、宮崎監督が「へー、そう」とヒントを得て主人公を発想したという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年12月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。