「AKBという組織は恐ろしい」。あまりの出来の悪さに、俳句の先生が絶句。

「俳句」について初めて学ぶのは、小学校高学年の頃だろうか。たった17文字で表現する定型詩には、豊かな感受性と言語感覚が求められる。アイドルとして活躍するAKBのメンバーらは、表現者としてどのような俳句を詠むのか。

11月7日放送回から企画内容がガラリと変わった『プレバト!!』(TBS系)が、なかなか興味深い。出演する芸能人に簡単な抜き打ちテストを行い、専門家がリズム感や芸術性などの才能を判定するというものだ。俳句づくりは表現力のテストとして過去2回出題されているが、8~10名の出演者の中で最下位だったのがAKBの現役メンバーや元メンバーらである。そこで12月5日の放送で「倍返しだ!」と挑戦したのは、AKB48峯岸みなみ(21)だった。

俳句の採点をするのは、全国で小中高生を対象に俳句教室を開いている俳人の夏井いつきさん。番組ではユーモアを交えながら歯に衣着せぬ批評が話題となり、コメントが辛口過ぎてMCの浜田雅功ダウンタウン)も苦笑する場面があるほどの人物である。

以前出演した大家志津香(21)の俳句には、直しようが無いからと「さっさと帰って寝なさい」、秋元才加(25)には「あたかも自分の脳から生まれたような錯覚をしている俳句」と容赦ない酷評が浴びせられた。そして今回のお題は“12月の風物詩”。紅葉した街の景色やクリスマスのイルミネーション、温かい鍋を囲む様子などのVTRを見ながら俳句を詠んだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年12月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。