ピース又吉とソラシド本坊の“歴史的偶然”に鳥肌。「“人斬り半次郎”の子孫です」

ピース又吉とソラシド本坊の“歴史的偶然”に鳥肌。「“人斬り半次郎”の子孫です」
太宰治との不思議な縁が続く又吉直樹
お笑い芸人たちが“偶然”体験したエピソードを披露した。なかでも周囲を驚かせたのが、又吉直樹ピース)の太宰治にまつわる体験と本坊元児(ソラシド)が幕末の武士・中村半次郎の子孫だというカミングアウトである。

12月12日に放送された『アメトーーク!』には、“偶然を愛する芸人”が揃った。なかでもピース又吉のエピソードを聞いてみんなの緊張感が高まった。

高校を卒業した又吉直樹は上京する際に、前もって1日だけアパートを探すために東京にやって来た。不動産屋から紹介されたのが三鷹市の物件だ。時間も無いので、又吉はそこに決めると周囲を散策してみた。桜の木が見えたので行ってみるとお寺があり、お墓に何気なく手を合わせて地元に帰った。

後日、無事そのアパートに引っ越してきた又吉は尊敬する作家・太宰治ゆかりの地が三鷹だと思い当たり、太宰のお墓を参ることにした。すると太宰が眠るお寺は、彼が先日手を合わせたそのお寺だったのだ。さらに又吉が図書館で太宰治が暮らしていた住所を調べてみたところ、まさに彼が借りたアパートがある場所だったのである。

又吉の話に芸人たちは笑いも忘れて驚き、MCの蛍原徹は「うわっ、寒気がしてきた」と震えたほどだ。宮迫博之も「又吉が話すと偶然というより霊的なものを感じる」と不気味がった。

又吉はもうひとつ太宰治エピソードを明かしている。上京して芸人となった彼に、実家から「沖縄のおばあちゃんの家がCMに出ているから見てごらん」と連絡があった。テレビで確認すると、そのCMは太宰治の作品『走れメロス』の設定で、おばあちゃんの家の“又吉”の表札が“太宰”になっていたという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年12月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュース

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。