「難しいですよね。歌舞伎の世界は」。市川海老蔵が悩む、歌舞伎役者の子育て。

「難しいですよね。歌舞伎の世界は」。市川海老蔵が悩む、歌舞伎役者の子育て。
拡大する(全1枚)
市川海老蔵にも子育ての悩みが。
歌舞伎役者の市川海老蔵が父・市川團十郎さんとの生前の思い出や子育ての悩みについて語った。長女の麗禾ちゃんは歌舞伎に対して非常に興味があるようで、まだ2歳にも関わらず「歌舞伎をやっている」というが、意外にもそれが海老蔵の悩みの種になっているようだ。

12月15日の『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』(ニッポン放送)に、ゲスト出演した市川海老蔵。自身が主演を務める映画『利休にたずねよ』で、海老蔵は父・故12代目市川團十郎さんと共演している。生前の父の印象について笑福亭鶴瓶から聞かれた海老蔵は、「せがれが言うのもおかしいですけど、ほんと人間が大きかったです」とその偉大さを表現した。海老蔵は(お酒を飲めるようになった頃から)2、3年の間は毎晩、團十郎さんと飲みながら“歌舞伎論”を語り合っていたという。


そんな海老蔵も今や2児の父親として子育てに励んでいるが、娘の麗禾ちゃんについて気がかりなことがあるという。2歳になる麗禾ちゃんは「海老蔵です」と口上をしている上に、「歌舞伎のDVDを見すぎてデッキが壊れる」ほど熱心に歌舞伎に取り組んでいるそうだ。一見喜ばしいことかと思いきや、海老蔵は「この娘(麗禾ちゃん)は基本歌舞伎役者になれない」ために娘をどうやって(歌舞伎の道をあきらめるよう)説得すればいいか悩んでいるのだ。しかし娘の気持ちを思って海老蔵は、「思い切って女性も歌舞伎が出来る方向を考えるか」という大胆なプランも検討していることを明かした。


来年の3月に初舞台を踏むことが決まっている麗禾ちゃんだが、先日行われた記者会見の場で海老蔵は「(娘の)稽古は妻(麻央)の胎内にいる時から行っていた」と語っていた。そんな愛娘の麗禾ちゃんが自分と同じ“歌舞伎の道”に強い関心を持っていることを喜びながらも、現状ではあきらめるように説得するしかないことに「なかなか難しいですよね」と歌舞伎界ならではの子育ての苦悩を語った。
(TechinsightJapan編集部 TORA)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「市川海老蔵」に関する記事

「市川海老蔵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「市川海老蔵」の記事

次に読みたい「市川海老蔵」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 市川海老蔵 Instagram
  2. 市川海老蔵 ブログ
  3. 市川海老蔵 小林麻耶

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。