毎年恒例のラクダ版“美人コンテスト”。その優勝賞金は3億5千万円!(UAE)

毎年恒例のラクダ版“美人コンテスト”。その優勝賞金は3億5千万円!(UAE)
UAEで“美ラクダ・コンテスト”。画像はgulfnews.comのスクリーンショット
砂漠地帯の多いアラブ諸国にはなくてはならない動物として重宝され、いまでは観光ビジネスとしても大活躍しているラクダ。アラブ首長国連邦では、そんなラクダの美しさを競うコンテストが毎年行われている。しかしその美しさの基準とはいったい…!?

アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビから200km余り西に位置するウェスタン・リージョンで、7年前から毎年この時期に開催される『アル・ダフラ祭』。そのハイライトとも言える人気のイベントが、ラクダの美しさを競い合うコンテストである。集まった数千頭ものラクダは楽しい衣装を着けており、大勢の観客がそれをはやし立てる。

いわゆるキャメル色の「Asayel」種と暗色の「Majahim」種に分けて採点が行われるが、審査員たちは一体ラクダの何を見ているのであろう。目は大きいか、クシャッと笑った顔が可愛いか、大口を開けた時に剥き出す歯茎がキレイか…そんな“いかにも”な尺度であるわけがない。コンテスト出場の常連だというKhamees Mohammad al Shareeさんは、「ラクダの美を測る基準は頭囲、首の長さ、こぶの形。そして凛とした立ち振る舞いだよ」と話し、しかも「どれも大きければ大きいほど良いんだ」となかなか単純明解である。

優勝したラクダは日本円にして約3億5千万円に近い高値がつき、アラブの富豪に買い取られる。そのためこのコンテストにはカタール、サウジアラビア、オマーンといった近隣の国からの参加はもちろん、今年は南アフリカからの参加もあり、話題はますます広がっているとのこと。『アル・ダフラ祭』の開催は約2週間。他にもラクダや狩猟犬サルーキによるレース、鷹狩りなどが人気だそうだ。

※ 画像はgulfnews.comのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年12月29日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら