映画『ハリー・ポッター』シリーズで大ブレイクし、今ではすっかり大人の女優として子役イメージ脱却にも成功している英女優エマ・ワトソン(23)。しかし大学生のエマは勉学にも励んでおり、試験勉強に集中すべく仕事のオファーを断ったこともあるようだ。

人気女優にして、私生活では名門ブラウン大学の学生でもあるエマ・ワトソン。そんなエマは試験勉強に集中すべく、せっかくオファーされた映画の仕事をいくつも断ったというのだ。このほどある情報筋は、英紙『デイリー・ミラー』にこう証言している。

「エマに映画出演してほしいというハリウッドの監督はたくさんいます。ただエマは勉強がすごく忙しい時期でして。いくつかの仕事のオファーは断らねばなりませんでした。全てをこなすなんて、無理な話ですから。」

女優業に夢中のエマにとって、「できません」と仕事を断ることは辛い決断だったそう。しかし「大事な試験に向けて勉学に励むことこそ正しい決断」とも確信しており、日々勉強を続けているという。とはいえ2014年にはラッセル・クロウ(49)と共演した映画『Noah(原題)』が公開を控えており、今後のさらなる活躍を期待する声も多い。ちなみに2011年にオックスフォード大学で知り合ったという恋人ウィル・アダモウィッツ(Will Adamowicz)さんとは「昨年別れ、連絡はもうとっていません」とエマの代理人が発表したばかり。今後はますます仕事、勉強に集中することができそうだ。

一時は「子役イメージが抜けていない」、「女優を辞めては?」と言われたこともあるエマは、逆風を受けさらに女優としての意欲を高めたとのこと。この不屈の精神は、勉学でもおおいに生かされているはずだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)