KAT-TUNが4人になって吹っ切れた! 「NGなのは○○だけ」と亀梨和也。

アイドルグループKAT-TUNが、バラエティ番組『今、この顔がスゴい!』にジャニーズグループ代表として出演した。お笑い芸人を相手に“どちらが憧れの存在なのか?”をテーマに体を張ってリアクション芸に挑戦したが、MCの櫻井翔)も驚くほどの頑張りを見せていた。

昨年末は京セラドーム大阪で初の単独カウントダウンライブを行ったKAT-TUN亀梨和也は最初の挨拶で「赤西が抜け、田中が抜け、今ここに立っている4人がKAT-TUNとして進んでいる」と脱退した2人の名を挙げて決意を示している。1月9日に放送された『今、この顔がスゴい!』は、そんなKAT-TUNから“4人で頑張る”という気迫が感じられるものとなった。

この日は「ジャニーズと芸人、憧れの職業は!?徹底調査!」と題して、ジャニーズ代表のKAT-TUNがお笑い芸人のカンニング竹山吉村崇平成ノブシコブシ)、庄司智春品川庄司)、鈴木拓・塚地武雅(ドランクドラゴン)、坪倉由幸(我が家)、土田晃之狩野英孝と共演。まず芸人から「ジャニーズはNG事が多い」と指摘されると、亀梨和也が「NGなんて無いですよ」と反論した。

逆に彼が「有吉さんは以前、KAT-TUNとよくロケしていたが、最近は売れてきてロケをしなくなった」とMCの有吉弘行を攻撃すると、「お前らは今、不安定だからロケしたくないんだろう?」と言い返されていた。

そこで、KAT-TUNが「振られたらなんでもやります。NGはないです」とリアクション芸に挑戦することに。亀梨は「だって僕ら4人ですよ! その時点でNGは無いですから」とアピールしている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク