誰もが危惧する「スカンク狂犬病」が発生。テキサス州で予防ワクチンを空中散布。

誰もが危惧する「スカンク狂犬病」が発生。テキサス州で予防ワクチンを空中散布。
スカンクも「狂犬病」感染の媒介に。(画像はイメージです)
       
米テキサス州中央部で、このほど野生のスカンクが凶暴化していることが発覚し、調べたところ「狂犬病」の発生が確認された。『ヒューストン・クロニクル』紙が報じているところによれば、州保健当局は広範囲における予防ワクチンの空中散布を決定したもようだ。

日本では、犬へのワクチン接種の徹底によりまず聞かれなくなった「狂犬病」という病気。感染した動物は興奮あるいは凶暴化して周囲をよく咬むため、犬に限らず全ての哺乳類が罹患する可能性を持っており、人間の場合でも感染すれば強い神経症状が現れほぼ死に至るという恐ろしい病気である。

その狂犬病がこのほど米テキサス州に棲息するスカンクから確認され、人々は警戒を強めている。スカンクはネズミなどの小型哺乳類を食し、そもそも性格は凶暴。アメリカでは人間に狂犬病がアウトブレイクする場合、多くはスカンクが媒介だと言われてきた。狂犬病に感染したスカンクは家畜を含むあらゆる動物を攻撃するためである。

これを受けてテキサス州保健当局はオースティン、ヒューストンといった大都市を含む17の郡を対象に、狂犬病予防ワクチンV-RGを混ぜてピンポン玉程度の大きさにした魚肉由来の餌を、双発機により大量に空中散布すると決定。スカンクばかりかキツネ、イヌ、コヨーテ、コウモリなど多くの動物がそれを食べることにより、狂犬病の蔓延を防止したいとしている。仮に人間にぶつかっても衝撃はほとんどなく、犬や猫などペットが摂取しても安全。特殊なにおいを発していること、そして表面に警告が書かれていることから、「これを食べようとする人はいないであろう」と専門家は説明している。

※ 画像はイメージです。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。