シューマッハ容体改善。「鎮静剤減量でゆっくりと目を覚ましているところ」と発表。

       
先のクリスマス休暇中にスキー転倒事故に見舞われ、フランスのグルノーブル大学病院で治療を受けるも1か月間にわたり昏睡状態にあることから、回復は絶望的であるとの見方が強まっていた元F1王者のミハエル・シューマッハ氏。しかしようやく明るい光が見えてきたようだ。

昨年12月29日に家族や友人とのスキーの最中に転倒し、重篤な脳挫傷につき開頭手術を受けるも今なお昏睡状態にあると伝えられている元F1王者のミハエル・シューマッハ氏(45)。そのあまりにも長い昏睡に、専門家らはいよいよ“植物状態”といった残酷な言葉を用いて解説するようにもなっていたが、どうやらそうした最悪な状況を脱却したもようだ。

英大手メディア『Sky News』が伝えているところによれば、マネージャーのサビーヌ・ケムさんが「鎮静剤の量が減らされるにつれ、非常にゆっくりとしたプロセスになりますが、シューマッハ氏は昏睡状態から目を覚ますところです」という最新の声明を発表した。音や光に反応を見せ、続いては簡単な指示に応答するようになるであろうという。

医師らは“容態は安定”とのみ発表。そして家族は「心から感謝します。ミハエルは決してギブアップしません」といった声明を幾度か発表していたが、「現実は非常に厳しい」と繰り返す脳外科や神経学の専門家たち。どうやら神はシューマッハに味方したのであろう。このまま順調に回復していくよう願ってやまない。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。