顔面全体と白目にタトゥーを入れた変わった名の男、パスポート更新を拒否される。(英)

顔面全体と白目にタトゥーを入れた変わった名の男、パスポート更新を拒否される。(英)
パスポートの更新を拒否されて怒る男性。画像はdailymail.co.ukのスクリーンショット
これでパスポートが発給されない、あるいは更新されないと文句を言っても、誰もが「そりゃ仕方ないだろう」と苦笑するであろう。顔面のほとんどの部分にタトゥーを入れ、自分の名前を改名していたイギリスのある男性が、パスポートの更新を断られてカンカンに怒っている。

英バーミンガム出身の元の名をマシュー・ウィランといい、仲間からは“ボディアートさん”と呼ばれている34歳の男性は今、「海外に行く用事がある。もうすぐパスポートの期限が切れるからと更新をお願いしたのに受け付けてくれないんだ!」と憤慨している。ボディアートさんの自慢のタトゥーに関心を示す海外のある会社が彼に仕事をオファーしているとして、手数料を添えてこれまで通りのやり方で役所のパスポートセンターにて更新手続きを行ったが、センターから最近「調査および検討をした結果、申請の受理は難しいと判断しました」との連絡が入ったという。

スムーズに受理されなかった原因は2つあるのではないかという。1つめは、410万円以上をかけ全身の皮膚の90%もの面積にタトゥーを彫ったこと。なんと左目の白目にも黒いインクを流し込んでもらったのだ。そしてこちらが主な理由だという2つめは、2007年、2009年と2度にわたって彼が“マシュー・ウィラン”という名を“King of Ink Land King Body Art The Extreme Ink-Ite”という非常に長々としたものに改名していたことである。ボディアートさん宛の文書には、“例えばNew Year、Happy Easter、あるいはGood Byeなどという言葉は人々から名前として認識されません。それと同様に、あなたが名乗るKing of Ink Land King Body Art The Extreme Ink-Iteを、名前としては受け止めることは致しかねます。そこをご理解ください。”とある。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年2月4日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら