「芸能人のスクープで3万円、大スクープで10~20万円」。意外に安い? プライベート写真の買い取り価格。

「芸能人のスクープで3万円、大スクープで10~20万円」。意外に安い? プライベート写真の買い取り価格。
山里亮太のSM写真、複数の出版社から買い取りを拒否されていた
フリーで活動する芸能記者は、写真を出版社に買ってもらわなければ収入にならないそうだ。情報を集め、山を張り、毎晩のように張り込んでも空振りだったり、名の知れた芸能人でも“旬”でなければなかなか写真を買い取ってもらえないという。彼らは一見「芸能人の敵」だとされている。しかしスキャンダルを踏み台に有名になろうと目論み、自ら写真を持ち込んでくる芸能関係者も少なくないらしい。

2月16日放送の『サンバリュ』(日本テレビ)に登場したフリーの芸能記者・松本佳子氏は、MCの男性4人からやんわりと責められる。「ネタによっては、その人の人生が終わってしまう」、「アイドルが潰れたりする」と山里亮太(南海キャンディーズ)バカリズムらが、芸能人の立場から意見を述べる。しかし松本氏は、例えば「“恋愛御法度”というルールがあるならば、それは守るべき」とし、芸能人はその生き方も注目されているのだからプライベートが記事になるのは当然―といったような、口ぶりであった。

“スクープで3万円、大スクープで10~20万円”。これは松本氏が語る写真の買い取り価格だが、思ったより高くはない。ボツになる写真も多く、ただ外で張り込んでいるだけでは、スクープ写真のチャンスにはなかなか恵まれない。そこで松本氏は若くてキレイな女性をバイトで雇い、芸能人との合コン現場に送り込むそうである。実際にこの作戦は成功したとのことだ。

ただある程度名の知れた芸能人の写真でも、“旬”でなければ出版社に買い取ってはもらえない。ちなみに、過去にSMクラブで撮られた山里亮太の裸の写真は「無様なのでいらない」とどこの出版社も買い取りを拒否した。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年2月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら