2022年カタールW杯開催が決定した陰に巨額の賄賂? FIFA徹底した調査を迫られる。

サウジアラビアら近隣国との不和が表沙汰になり、「2022年FIFAワールドカップ」の建設プロジェクトに影響が出るのではないかと案じられているカタール。ここでの開催が決まった投票の背景に高額な贈収賄が存在したという疑惑が浮上し、FIFAは徹底した調査を迫られている。

英紙『デイリー・テレグラフ』は今、カタールで「2022年FIFAワールドカップ」の大会開催が決定した背景には、FIFA会長選における買収疑惑で2011年6月に辞任したジャック・ワーナー氏に、巨額の賄賂が渡ったとの疑惑を報じている。2010年12月に行われた開催地を決める投票の前に、アジアサッカー連盟会長(当時)のモハメド・ビン・ハマム氏が関わる会社から約1億2200万円のお金を受け取る約束が交わされ、具体的には翌年7月に支払われたというのだ。建設プロジェクトも含め、贈収賄の疑惑がこれまで幾度も報じられてきた「カタール大会」。どれも証拠不十分で鎮火となっていたが、FIFAはこの件についても「調査の結果を待つのみでコメントは出来ない」としている。

カタール大会まであと8年だが、ここは今、他にも2つ大きな問題を抱えている。国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は最近、ドーハで建設工事にあたっている出稼ぎ労働者たちが、大変劣悪な労働環境におかれていることを問題視し、FIFAに改善を促すよう強く求めた。現地のネパール人労働者が、灼熱の太陽の下での過酷な労働から次々と死亡したことを英メディアが報じたのがきっかけである。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年3月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。