「バーガーキング」のトイレに生後置き去りにされた娘、Facebookで母を探し涙の対面。(ペンシルベニア州)

「バーガーキング」のトイレに生後置き去りにされた娘、Facebookで母を探し涙の対面。(ペンシルベニア州)
27年前に生き別れとなっていた母と娘が涙の対面。 (画像はfacebook.com/BurgerKingbabyのスクリーンショット)
“バーガーキング・ベイビー”と呼ばれて27年。世間の好奇の目に苦しい時も多々あったというが、本人はFacebookで自ら「Katheryn "Burger King Baby" Deprill」と名乗っている。理由は自分を捨てた産みの母親にどうしても会いたかったから。その思いが通じ、親子はこのほど27年ぶりの対面を果たした。ひたすら詫びる母に娘は…。

この写真は今月2日、Katheryn “Burger King Baby” DeprillさんがFacebook上に公開したものである。彼女はペンシルベニア州リーハイ郡のアレンタウン郊外に暮らす27歳のキャサリン・デプリルさん。地元では有名な存在である。生まれた直後の1986年9月15日にファストフード店「バーガーキング」の女子トイレに置き去りにされ、逃げた母親も不明。親切な養父母のもとで育てられたが、最近になって産みの母親に会いたいという思いが強く募るようになったという。

今の時代、SNSはこうした人探しに大変な威力を発揮することがある。3万超もの閲覧数を経て24日、生後7か月の息子ジャクソン君を伴ってジョン・ウォルドロン弁護士事務所を訪れた彼女は、そこでついに母親との再会を果たしたのであった。「連絡先も交換したわ。名前は伏せておくけれど母はとても素敵でやさしい人。私が捨てられた事情も思ったほど悪いものではなかったみたい」とキャサリンさんは報告している。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年3月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。