「バーガーキング」のトイレに生後置き去りにされた娘、Facebookで母を探し涙の対面。(ペンシルベニア州)



対面は約4時間。母親からは、16歳の時に海外旅行でレイプされて妊娠するも両親には相談せず、自分の部屋でキャサリンさんを出産し、止むに止まれぬ気持ちで「バーガーキング」に置き去りにしたとの説明があったそうだ。自身も3人の子の母親となっていたキャサリンさんは、お腹を痛めて産んだ我が子を捨てなければならなかった女性のその後の苦しみや悲しみを十分に理解できるとして、懸命に許しを乞う母親をむしろなだめていたようだ。

27年もの歳月が過ぎていたのにこんなにも早い再会が叶ったのは、実はその母親側もアクションを起こしていたから。彼女も生き別れた娘にどうしても会いたくて、6か月ほど前から独自の方法で探し始めていたのだ。そしてウォルドロン弁護士事務所のスタッフも実にハートフル。彼らは部屋に美しい花とお祝いのチョコレート、そしてティッシュボックスを用意して両者の到着を待っていてくれた。双方の気持ちが見事に合致したタイミングでの再会はさぞかし感動的なものであったに違いない。

※ 画像はfacebook.com/BurgerKingbabyのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年3月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。