体に20cmの穴を開けられた牛たち。オナラによる牛舎爆発を防ぐことが目標。(スイス)

体に20cmの穴を開けられた牛たち。オナラによる牛舎爆発を防ぐことが目標。(スイス)
牛の体にカニューレ、一体なぜ…!? 画像はmetro.co.ukのスクリーンショット
 
牛の体に開けられた、大人の手がすっぽりと入るほどの大きな穴。何のためにこのようなことが行われたのであろう。ここはスイスのある畜産研究所。実はこれ、大変重要な使命を背負っての研究調査であった。

のどかな牧草地帯で、草を食みながらゆっくりと歩く牛を捉えたこの写真。しかしその体には20cmもの大きな穴が開けられ、専用のキャップで開閉できるカニューレが埋め込まれた。動物愛護団体の反発は必至と言われる中で、スイスのある畜産研究所は今、牛の腸内環境を整えるエサを開発すべく重要な問題に真剣に取り組んでいるのであった。

観光などで牧場を訪れ、牛舎に足を踏み入れると大きな換気扇が数多く設置されていることに気づくもの。オナラによるメタンガスが充満し、牛舎が爆発や火災に見舞われることは畜産農家にとって致命的な事態なのである。こちらでも1月にお伝えしたが、ドイツ・ラスドルフのある牛舎では牛の大量のオナラでメタンガスが充満し、一瞬にして屋根を吹き飛ばす爆発事故起きて世界中の畜産農家にショックを与えた。

そのようなわけで、ここの研究員らが調査しているのは牛の消化機能と腸内環境。「いかにお腹にガスを発生させないか」を目標に、14頭の牛に対し草に各種の麦を交ぜたエサを与え、消化機能や便、放屁の様子を観察している。バランスのよい飼料で腸内環境が整えばオナラの量や回数も減るが、それは地球環境にとっても大切なこと。 同量の場合、メタンは二酸化炭素の23倍もの温室効果があるためだ。

※ 画像はmetro.co.ukのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年5月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら