加州の銃乱射事件、被疑者は超おぼっちゃま。父親はなんと『ハンガー・ゲーム』の助監督。

加州の銃乱射事件、被疑者は超おぼっちゃま。父親はなんと『ハンガー・ゲーム』の助監督。
アイラビスタ無差別殺人事件被疑者の父親は『ハンガー・ゲーム』助監督 画像はdailymail.co.ukのスクリーンショット
       
米カリフォルニア州サンタバーバラ近郊で、現地時間の23日夜に起きた銃乱射事件。被疑者の22歳の男も死亡したが、その後に分かってきたのは男が大変裕福な生まれ育ちで、ゴージャスな人生を満喫していたということ。専門家の間でも、このような犯罪においては珍しいタイプだと話題になっている。

名門カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)にも近いカリフォルニア州アイラビスタで23日午後9時半ごろ、BMWに乗った若い男が人々を刃物で切り付け、無差別に発砲して6人を殺害。7人に怪我を負わせ、自身も車内で拳銃自殺を図るという事件が起きた。犠牲となったのはUCSBのコンビニエンスストアにいた男性、ルームメイト3名、女子学生社交クラブに所属している2名。保安当局はこの男が女性に好かれないことに腹を立て、YouTube動画で報復行動を予告していたと発表した。家庭環境への不満、卑屈で反社会的な性格、劣等感。人々はついこうした言葉を思い浮かべたものだが、英メディア『dailymail.co.uk』は今、この男はそれとはまったく異なるタイプであったことを報じている。

被疑者エリオット・ロジャーは大変裕福な家庭に生まれ、人もうらやむ超高級品に囲まれる人生を満喫していた。父親はなんと、2012年公開のサバイバルアクション映画『ハンガー・ゲーム』の助監督を務めたピーター・ロジャー氏。マレーシア出身の看護師と結婚してエリオットが生まれた(画像はdailymail.co.ukのスクリーンショット)が離婚。ステップマザーは女優で、エリオットは妹と異母弟とともにサンタモニカ北のウッドランド・ヒルズに建つ4ベッドルーム、5バスルームの豪邸で育ち、サンタバーバラ市内のコミュニティカレッジに通っていた。また祖父は著名写真家として、インターナショナルな写真家組織「マグナム・フォト」を設立したメンバーのひとりである。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。