ポルノばかり見ていると脳萎縮で知能が低下。独・科学者が改めて“害”を強調。

ポルノばかり見ていると脳萎縮で知能が低下。独・科学者が改めて“害”を強調。
ポルノ鑑賞頻度は知能に直結と独・研究チーム (画像はイメージです)
「エッチなものばかり見ているとおバカになっちゃうよ」。この忠言には実はしっかりとした根拠があったようだ。ポルノ鑑賞の頻度が高いと脳が衰えてくるとドイツの科学者が改めて発表。無類のポルノ好きに警鐘を鳴らした。

ポルノを18禁とすることの重要性について、かねてから精神衛生学、児童心理学、脳科学と世界中の博士たちがポルノ鑑賞は青少年に悪影響を及ぼすと論じてきた。このたびはドイツの研究チームが「ポルノばかり見ていると脳が萎縮し、知能が低下する」と発表。子供が親に隠れて自宅でこっそりとポルノサイトを閲覧しているような場合には、学力の著しい低下を心配する必要すらあるようだ。

そんな内容をこのほど医学誌『JAMA Psychiatry』に発表したのは、独・ベルリンにある有名な「マックス・プランク研究所(Max Planck Institute for Human Development)」のSimone Kühn博士と、シャリテ大学のJurgen Gallinat氏。調査は昨年、英・独にまたがって行われた。イースト・ロンドン大学の20歳以下の男女学生を対象に行われた調査では男子の97%、女子の80%がポルノ鑑賞の経験があると回答。そこで判明したのは、ポルノ鑑賞が好きな男性は学力が低く、学力が低い男性はポルノ鑑賞が好きだということ。鶏が先か卵が先かは不明だが、有意に差が生じていたそうだ。

またベルリンでは21~45歳の64人の男性にポルノ鑑賞の習慣について質問し、過激な写真や映像を見せる前と後の脳の変化が画像により比較された。「ポルノ鑑賞が無性に好き」と答えたグループでは、そうでないグループより脳の「線条体」と呼ばれる部分が萎縮しており、学力が低いことが判明。また注意力、コミュニケーション、行動、意思決定などに関与するといわれる「前頭前野」の働きも衰えていると結論づけた。ただし「ポルノ鑑賞イコール有害と決めつけることは出来ない」としており、コロンビア大学精神医学研究所のGregory Tau博士も、「問題があるとすればその頻度」と添えている。

※ 画像はイメージです。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ポルノばかり見ていると脳萎縮で知能が低下。独・科学者が改めて“害”を強調。」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    記事には「ポルノ鑑賞は青少年に悪影響を及ぼすと論じてきた」とある。 だが、リンク先は "「研究は成功しなかった」"(未成年者にヌード写真を見たか問うこと自体が違法のため)という話だよね。

    0
  • 匿名さん 通報

    また、この研究を取り上げたWired記事では、"「性格的な因子」を測定・調整していないため、今回の研究結果はほぼ無意味" という結論に。

    0
  • 匿名さん 通報

    記事の「有意に差が生じていた」のリンク先は、"落雷にてんかん、交通事故。脳が受けた激しいダメージでなぜか「天才」になった人々" という記事ですね…リンク先くらい確認しましょうよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    英雄色を好むという諺があるんだがなー

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。