スタジオジブリ・鈴木敏夫氏、スパイク・ジョーンズ監督と“相思相愛”対談。「もっとたくさん撮って」とリクエスト。

スタジオジブリ・鈴木敏夫氏、スパイク・ジョーンズ監督と“相思相愛”対談。「もっとたくさん撮って」とリクエスト。
スパイク・ジョーンズ監督と熱烈対談をしたスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサー
アカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞した映画『her/世界でひとつの彼女』で監督と脚本を務めたスパイクジョーンズ氏が、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと初めて顔を合わせ、29日夜、都内でトークイベントを開催した。互いの作品が「大好き」という2人だけに、過去の作品を例に出し、突っ込んだ話をするなど興味深いものとなった。

来日したジョーンズ監督と鈴木氏が登場すると、この日、一般に先駆けて同作を観たばかりの観客が歓声をあげた。

鈴木氏が手がけた作品が大好きというジョーンズ監督は「お話できるのが楽しみです」とにこやかに挨拶。それに対して鈴木氏は「僕は、今、この夏公開の『思い出のマーニー』という映画を作っていますから、本当はここに来ていちゃいけないんですよ。でもスパイクの大ファンなので来ました」と多忙の中、来場したことを告白。互いに対談を待ち焦がれていた様子がうかがえた。


映画『her/世界でひとつの彼女』は、普通の男性がAI(人工知能)と恋をする物語。AI役のスカーレット・ヨハンソンは声だけの出演で、ローマ国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。声だけでの受賞は史上初という快挙を成し遂げた。

すでに同作を鑑賞し、以前からスカーレット・ヨハンソンのファンだという鈴木氏は「最初はなんで声だけなんだろう。顔を見せてよと言いたくなった」と不満に思い、「普通の人間がコンピューターと恋をすることができるのかと疑いながら観てましたけどね」と最初は懐疑的だったことを明かしたが、最後まで鑑賞すると感想は一転。「『her』は素晴らしい映画ですよね。(人間とAIの恋が)ちゃんと成立している。僕自身がコンピューターに恋できることをこの映画で体験しました」とジョーンズ監督を称賛した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. スパイク 小川
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年5月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「スパイク + 小川」のおすすめ記事

「スパイク + 小川」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら