サッカー界レジェンド、ペレの息子に33年の実刑。麻薬密売およびマネーロンダリングで。

ブラジル・サッカー界が生んだ伝説のスーパースター、現在73歳になったペレ氏の愛息で、やはりサッカー選手として活躍し、「サントスFC」のコーチとなっていたエジーニョ。麻薬密売組織に所属して資金洗浄に関わったとして、このほど裁判所はエジーニョに禁錮33年の実刑判決を言い渡した。

FIFAワールドカップ開幕を待つばかりとなり、サッカーファンの興奮はマックスとなっているブラジルにとっては大変ダーティなニュースである。サッカー界のレジェンド、ペレ氏(本名エドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント)の長男で、同氏が在籍した「サントスFC」でゴールキーパーとして活躍した“エジーニョ”ことエドソン・ショルビ・ドゥ・ナシメント(Edson Cholbi do Nascimento=43)に対し、サンパウロ州のプライア・グランデ裁判所が厳しい実刑判決を言い渡したことが伝えられている。

エジーニョは、サンパウロ州警察が2005年6月にある麻薬密売組織へのガサ入れを行った際に逮捕されていた。同被告は自身がドラッグ依存症であることは認めたものの、組織の人間ではないと主張。半年後には保釈金を支払ってリハビリ施設に入所した。ところがその直後、麻薬密売で得たお金のマネーロンダリング行為が発覚して再びの逮捕。裁判官は先月30日、そんなエジーニョを含む5人の被告に禁錮33年あまりの実刑判決を言い渡した。

W杯開催組織委員会にアドバイザーとして参加している父の顔に泥を塗ったエジーニョだが、なんと麻薬密売組織のボスもサントスFCでペレと共にプレーした選手の息子で、揃って“不肖の息子”というわけだ。もっともサントスFC現コーチという身分と財力にものを言わせ、敏腕弁護士を雇っているエジーニョ被告は控訴するものとみられている。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年6月3日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら