大島優子が卒業公演終了直後に語った“6月9日”への想い。「人生の第1章を…」

秋葉原の専用劇場で卒業公演を終えて、“AKB48”の冠がとれた大島優子が情報番組『めざましテレビ』の軽部真一フジテレビアナウンサーのインタビューを受けた。公演が終了して10分程度しか経たず「まだ火照っています」という状態の彼女が“6月9日”という特別な日への想いを語っている。

6月9日(月)の夕方5時55分から秋葉原AKB48劇場でチームKによる大島優子の卒業公演が行われた。その後、7時57分頃からアンコール公演が行われ、大島が選抜メンバーと共にパフォーマンスを繰り広げた。

大島優子はステージで「AKB48で約8年半培ってきたものを自信に、しっかりと自分の足元を見て、歩いていきたい。今後もAKB48、そして私大島優子、ここから旅立っていった卒業生の応援をよろしくお願いします。AKB48は私の宝物です」と会場や全国のファンへ呼びかけた。

最後のパフォーマンスは「この曲はファンのみなさんが私にプレゼントしてくれた曲です」と嬉しそうにコメントして始まった『ヘビーローテーション』だった。

その卒業公演が終わった劇場のステージで大島優子と対面したのが軽部真一アナウンサーだ。翌朝、6月10日の『めざましテレビ』でそのインタビューを放送した。

軽部アナは両手で握手を交わして「まだ、公演が終わって10分くらいしか経っていませんが」と気遣う。大島優子は「まだ(体も)気持ちも火照っています」と頬を上気させながら応じている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

大島優子のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大島優子」に関する記事

「大島優子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大島優子」の記事

次に読みたい「大島優子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク