黒人の女が白人女性を激しく暴行も周囲は止めず。動画公開で広がる波紋。白人至上主義への鬱積した憎しみか。

黒人の女が白人女性を激しく暴行も周囲は止めず。動画公開で広がる波紋。白人至上主義への鬱積した憎しみか。
暴行事件の指名手配犯ラティア・ハリス(画像はYouTubeのスクリーンショットおよびセイラム署が公開した写真)
       
米国では今、ニュージャージー州で起きたある暴力事件が大きな波紋を広げている。犯人は黒人の女で現在指名手配中。女は2歳児を連れた同年代の白人女性を殴る蹴るなどし、つばを吐きかけているが、現場に居合わせた男性らはそれを止めようとはしなかった。この「止められるはずなのに止めなかった」ことが物議を醸しているのだ。

米ニュージャージー州セイラム郡の公園で発生したある暴力事件について映像が流出し、大きな波紋を広げている。ラティア・ハリスという25歳の女(指名手配中)に倒され、馬乗りの状態で殴られ、蹴られて最後にはつばを吐かれた被害女性。彼女はその時2歳の坊やを連れていた。その子は「やめてよ!」と犯人の脚を何度も蹴って必死に抵抗する(画像はYouTubeのスクリーンショットおよびセイラム署が公開した写真)が、まったく効果はなかった。

問題は、若い黒人男性5~6人を含む10人以上が偶然にもそこに通りかかったが、彼らはただ眺め、あるいは携帯電話のビデオを回すだけで白人女性を助けようとしなかったこと。正義感や腕っ節の強さを誇る男性が多いアメリカという国においては、犯人が女性で凶器を持っている様子がなければ、大概はあっという間に制止されるはずなのだ。だが同時にこの国ではこうした薄情な光景がみられることもしばしば。男子の“草食化”が原因ではなく、大概は黒人の中に鬱積している白人至上主義的な社会への憎しみが理由となっているのだ。

「もしも馬乗りになっているこの女性が白人で、叩かれている女性と泣き叫ぶ幼児が黒人であったなら、この映像はまったく別の展開になっていたであろう」とは多くの米国市民の一致した意見。この国が人種差別問題を完全克服する日はまだ遠い先のことと言わざるを得ないようだ。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。