動物園で45年間人気No.1は「キツネ女」の見世物小屋。その芸人魂が話題に。(パキスタン)

動物園で45年間人気No.1は「キツネ女」の見世物小屋。その芸人魂が話題に。(パキスタン)
「名物キツネ女」はカラチ動物園の人気者(画像はYouTubeのスクリーンショット)
       
パキスタンの動物園において、恐怖の見世物小屋的な存在として45年前から人気を呼んでいる「キツネ女」。ヒトの成人女性の首から下がキツネという設定だが、頭部を演じているのはなぜか男性。そのあたりが今、ちょっとした話題になっている。

パキスタンの「カラチ動物園」で人々からの投げ銭も嬉しい人気No.1のアトラクションといえば、木製の檻にたたずんでいる美しい「キツネ女」(画像はYouTubeのスクリーンショット)。首から下は剥製のキツネだが、頭は台の下に体を隠した人間。赤いストールを巻いてその境目を巧みに隠している。かつての日本でも「見世物小屋」はサーカスやお祭りに欠かせないものと言われていたが、アジアの国々では今でもその風習が残っているようだ。

「35年前にアフリカで生まれたムムタズ・ベグム(Mumtaz Begum Africa Wali)」と説明される、そのキツネ女役に扮しているのはムラド・アリさん(33)という男性。他界した父親の後を継いだそうだ。アリさんは見物客との対話が好きで、占い師のように予言をすることから受験や結婚についての相談希望者が相次いで訪れるとのこと。また「皆がハッピーになれば私もハッピー」と語り、冗談を放っては子供ばかりか大人も笑わせるという。

女と謳い、口紅を引き顔を白塗りするアリさんの痛々しさについて、園長のモハンマド・ファヒム・カーンさんは、「それがまたいいのですよ」と話している。「キツネ女は見物客に馬鹿にされ傷つけられます。そんな状況をユーモラスな笑いに変えられるのも男性ならでは」とアリさんの芸人魂を褒め称える。方言もマスターし、エンターテイナーとしての自覚に燃える仕事熱心なアリさん。今日もからかわれることを楽しみに、各地からたくさんの見物客が訪れることを待っているそうだ。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。