新婚早々の夫婦を親族が刺殺。「我々の許可なく結婚するとは」。(パキスタン)

世界の中には、「親の了承を得ないで結婚することは犯罪、身内の恥」と言い切る人々がまだまだいる。パキスタンのイスラム教徒の家庭で、またしても“身勝手な結婚”に関する悲惨な殺人事件が発生した。

親の反対を押し切って結婚しても、可愛い孫の顔でも見せればこじれた関係も自然と修復に向かうもの…!? とんでもない。パキスタンやインドにおける結婚観は、長い歴史においても、また現代においても、理不尽な慣習や思想に支配されているのだ。このたびパキスタンで、またしても新婚の男女が「親族の名誉にかけて」という理由で殺害されてしまった

米『Fox News』が伝えているところによれば、パキスタン・パンジャーブ州のサトラ村で27日、新婚1か月も経っていないサジャド・アフメドさん(30)とムアフィア・ビビさん(17)のカップルが、ナイフで体を切り刻まれて殺されるという大変痛ましい事件が起きた。2人を襲ったのはビビさんの祖父、両親とおじ2名。駆け落ちしていた2人に「君たちの結婚を祝福したいから戻ってこい」と嘘をついておびき寄せたのであった。親族がこのような暴挙に出たことについて、父親は警察当局に「娘は親の承諾も得ずにアフメドのような男と結婚した。アフメドはこれが3度目の結婚で、2人目の妻との結婚期間中に娘に手を出した。これは親族の名誉をかけた制裁だ」と話したという。

子供の結婚は家同士で決めることを善しとしてきたこの国では、年間あたり数百人が、「親の同意なしに結婚して我々の名誉を汚した」との理由で親族の手によって殺害されている。また結婚に至らなくとも殺人事件に巻き込まれる女性は多い。パンジャーブ州では少し前に、ファヤズ・アスラムという26歳の男が、自分のプロポーズを断ったシドラ・シャウカットさんという20歳の女性にガソリンをかけ、焼き殺すという事件も起きていた。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年7月1日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら