中山優馬が明かした“趣味と憧れの人”。「今井翼のホームパーティに呼ばれた」ことも。

小学生時代にジャニーズに履歴書を送って、2年ほど経った頃だ。オーディションの連絡が来たが、同じ日に野球の試合があったのでそちらを優先した。ところが、雨が強くなり試合は途中で中止となる。家に帰ると「オーディションに間に合うから」と言われて受けに行った。その試合が流れていなければ、「今頃“ボールボーイ”をやってると思います」と彼は当時を振り返った。

実は、それ以外にもマイブームがある。ライトの収集だ。懐中電灯やペンライトなどのあのライトである。新曲『High Five』のグッズにもキーホルダー・ライトを作ったほどだが、彼はなぜそれほどライトが好きなのか。
「中山優馬 + ドラマ」のおすすめ記事


小さい時に家族でバーベキューをして暗くなると、母親の手元をライトで照らすのが中山優馬の役目だった。「『僕が照らしてあげてるんだ』という征服感が忘れられない」ことから、今でもライトを集めている。彼は番組から、一番欲しかった700m先も明るく照らすという6万~7万円もする懐中電灯をプレゼントされて大喜びしていた。

そんな、中山優馬が憧れる人はジャニーズの先輩ではなく、ハリウッドスターのジム・キャリーなのだ。日本でも大ヒットしたコメディ映画『マスク』をはじめ『ライアー ライアー』や『トゥルーマン・ショー』、『マジェスティック』など数々の作品で活躍している。

「コメディだけでなくいろいろな演技ができるのが凄い。会いたすぎて、夢で1回会った」というほどの大ファンだ。しかし、夢でジム・キャリーに会った時には「しゃべりかけられずに、緊張で足が固まってしまったところで起きた」という。目が覚めてから「夢なら、話しかければよかった」と残念そうだった。

この日のハイタッチ・イベントには、ショッピングモールに女性ファンを中心とする1000人近くが集まった。彼は覚えたばかりの博多弁で「好いとーと?」「好いとーよ!」と挨拶してファンを感激させたり、『High Five』のダンスも披露するなど大サービスしていた。

現在20歳となる中山優馬だが、1人だけで目の前の大観衆を相手に普段どおりの笑顔と気配りができるのはさすがだ。これからの成長が楽しみなアイドルである。
(TechinsightJapan編集部真紀和泉

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中山優馬 ドラマ
  2. 中山優馬 ラジオ
中山優馬のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年7月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中山優馬 + ラジオ」のおすすめ記事

「中山優馬 + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「福原遥」のニュース

次に読みたい関連記事「福原遥」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。