「15年間で10,091人の男と寝たわ」。豪・元高級コールガールが仰天自叙伝。

18歳から15年間にわたり、高級エスコートサービスに所属していたオーストラリアの女性が、性風俗業界の生々しい実態とコールガールとしての自分の半生を本に綴り、話題をさらっている。なんと15年で1万人以上の客の相手をしたというのだ。

「寝た相手の数は3ケタ」、「千人斬り」などという言葉で驚いていてはならなかった。そのレベルをはるかに超えた人生を送ってきたと語するのは、オーストラリアで15年にわたり性的なサービスにあたっていたグウィネス・モンテネグロさん。腎不全を発症して無理のきかない体になり、現在は別のビジネスにたずさわっている。そんな彼女がこのほど『10,000 Men and Counting』というタイトルの自叙伝を出版(画像はmetro.co.ukのスクリーンショット)し、コールガールがどれほどの需要に追われながら活躍しているか、世の女性たちが知ったらショックを受けるようなその実態を赤裸々に綴った。

18歳でその道に入り、21歳にして所属していたエスコートサービスの最高級コールガールにのし上がり、33歳で引退するまでの15年に10,091人もの男の相手をしたというモンテネグロさん。収入はサービス内容にもよるが時給にして約5万円~10万円。この調子で1か月に平均56人の客の相手をしていたそうだ。

「お客様の出張にも付き添うから、世界一流と言われる場所にずいぶん連れて行ってもらったわ。高級車も買えたし、服飾品は常に最高級ブランド。パイロットのライセンスを取得して、あちこちを飛びまわったのよ。コカインと高級シャンパンがお供のゴージャスな人生よね。」

モンテネグロさんの派手な暮らしぶりは想像に難くないものの、ひとたび性風俗サービスを生業にしてしまった女の子は、ここまでの数の男の体を知ってしまうという事実に、世の男性の間では「性病の感染経験は? エイズ検査は?」と、憐れみとも異なる複雑な感情が広がっているもようだ。ちなみに生い立ちについては、「敬虔なキリスト教徒の家庭で厳しく育てられたの」と綴られている。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「15年間で10,091人の男と寝たわ」。豪・元高級コールガールが仰天自叙伝。」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    プロだからね。日本なら素人でいるよね〜やりまん、させ子とか・・・

    3
  • 匿名さん 通報

    週休2日とすると、一日で2人とHか。人気の子だったら日本でも普通かも。

    2
  • 匿名さん 通報

    気合が入っていて素晴らしい。仕事に対するプライドは見習うべきだと思う。

    2
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク