ホットドッグ早食いコンテストで47歳男性が窒息死。(サウスダコタ州)

ホットドッグ早食いコンテストで47歳男性が窒息死。(サウスダコタ州)
ホットドッグ早食いコンテストで男性が窒息死(画像はrapidcityjournal.comのスクリーンショット)
       
7月4日はアメリカの各州や市町村が大規模なお祭を開催するもの。その人気イベントとして古くから早食い(大食い)コンテストが行われてきたが、サウスダコタ州ではそれが原因での窒息死亡事故が発生したもようだ。

米サウスダコタ州カスター郡は先週、7月4日の「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」にからめた祭典を郡庁舎の向かいにあるウェイ・パークで開催したが、そこで行われた「ホットドッグ早食いコンテスト」に出場した男性が、パンをのどに詰め込み過ぎて窒息死した。

地元メディア『Rapid City Journal』が報じているところによれば、事故が起きたのは3日。コンテストは6人で争われたが、競技開始から数分経過したところで、ジュエリー販売業を営んでいる47歳のウォルター・イーグル・テールさん(画像はrapidcityjournal.comのスクリーンショット)が突然ひきつけたという。人々は詰まったパンをテールさんの喉から取り除こうとしたがそれは叶わず、心肺蘇生術が行われ、救急車で「カスター・リージョナル病院」に搬送された後に死亡が確認された。

ギャラリーを含め本当に多くの人々がショックを受けており、主催した商工会議所は4日に予定されていたパイの早食いコンテストの中止を発表。「ここまで何年間も無事でやってきたのに」と悔しがるが、世界におけるこうした早食い(大食い)コンテストでは、結構な数の死者が出ている。競技の最中ではなくその後に突然体調が変わった例も多い。提供される食品は色々あるが、パンはそもそもパサついており危険。飲み込みやすいようにパンを水に浸ける試みもとられるようになってきたという。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。