交通事故にも生き延びた奇跡のコアラ。走行中の車にしがみつき88km辛抱。(豪)

交通事故にも生き延びた奇跡のコアラ。走行中の車にしがみつき88km辛抱。(豪)
事故にも生き延びた奇跡のコアラ(画像はbrisbanetimes.com.auのスクリーンショット)
       
コアラには人間が想像している以上にサバイバル力が備わっているのだろうか。車にぶつかるもその車体にしがみつき、長旅の末に生き延びたコアラが保護されたとしてオーストラリアで話題を呼んでいる。

「ロ―ンパイン・コアラ・サンクチュアリ」といった有名なコアラ保護区があることで知られる豪クイーンズランド州。ギンピーのガソリンスタンドで現地時間の25日午後、1匹のコアラが保護された。体重は5.75kg、推定年齢は4歳で、“ティンバーウルフ”と名付けられて同州ビーアワーにある「オーストラリア動物園」の獣医の手にゆだねられた。

発見当時のティンバーウルフは車のフロントグリルにガッチリとしがみついており、しかし耐えきれなかったのか爪ははがれていた。ドライバーは「ある時点で何か物体がぶつかってきた記憶がある。そこからは、ブルース・ハイウェイを80kmほど走ってきた」と話していることから、人々は今、痛みに耐えながらも車体に必死にしがみついていたティンバーウルフを「奇跡のコアラ」と称えている。

ただし血液検査でクラミジアの感染が判明したことから、ティンバーウルフの入院期間は数か月になる可能性があるとのこと。地域差もあるが、コアラのクラミジア感染率はここ30年ほどで大変な増加を示していた。感染後は、環境破壊や交通事故などによるストレスで症状が現れ、失明や不妊にもつながっている。7~12月の繁殖期に移動する習性があるため、年間平均900匹のコアラが車にはねられており、ティンバーウルフもこのたびの強いストレスにより重い症状を発症しかねないという。

※ 画像はbrisbanetimes.com.auのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。