世界最高齢のウナギが死亡。155年以上も生き続けていた!(スウェーデン)

世界最高齢のウナギが死亡。155年以上も生き続けていた!(スウェーデン)
人間の寿命をはるかに超えたウナギ(画像はoe24.atのスクリーンショット)
1859年といえば、日本では江戸時代末期にあたる。スウェーデン南部Brantevikで少なくともその頃から生き続けていた、恐らく世界最高齢とされるウナギが、今月5日に死亡しているのが飼い主によって発見された。

ローカル紙『Ystads Allehanda』によると、このウナギは1859年にBrantevikにある井戸の中に投げ込まれていたのが発見され、それ以来水槽の中で飼われていた。

このウナギはスウェーデン版『トム・ソーヤーの冒険』とも言える、1932年に刊行された物語『Bombi Pitt』に登場するなど、スウェーデンでもなかなかの有名人ならぬ有名魚であった。1932年当時で73歳という高齢であったが、それからさらに82年も生きたことになる。

ウナギの寿命については諸説あり一概には言えないようであるが、これほどまでに長く生きたウナギは滅多に存在しないであろうと見られている。そのため本当の寿命について調査の必要性が生じたことから、間もなく遺体はストックホルムの淡水生物研究所に搬送され、専門家による解剖が行われるとのことだ。

※ 画像はoe24.atのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年8月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。