ギネス認定の「453個のピアスをつけた男性」、ドバイで入国拒否。

ギネス認定の「453個のピアスをつけた男性」、ドバイで入国拒否。
Rolf Buchholzさん、ドバイ入国を意外な理由で拒否される(画像はbbc.com/news/のスクリーンショット)
顔に170個、性器周辺に270個など合計453個ものピアスを身体中に開けており、「世界で最も多くのピアスを施した男性」として2012年にギネス世界記録に認定されたドイツ人男性Rolf Buchholzさん(53)。彼はその全身のピアスが原因で、ドバイの空港で入国を拒否されていたことが明らかとなった。

15日、ドバイの空港に到着したRolf Buchholzさんが入国を拒否された。その理由は、身体中のピアスが金属探知機に引っかかったというものではない。彼のピアスだらけの姿から、なんと黒魔術を駆使する魔術師と見なされたことが原因であるというのだ。

Buchholzさんもこの理由についてはドバイ側から知らされており、自身のツイッターで「俺は黒魔術師ということらしい。なんてバカバカしいことを考える奴らなんだ」と呆れたようにつぶやいている。

もっとも顔だけでも170ものピアスがあり、さらにインプラントで額に2つの角を生やしているBuchholzさんの外見は、やはり度肝を抜かれそうになる。ヨーロッパではピアスやタトゥーを全身にしている人は珍しくないが、それは世界の常識には当てはまらない。Buchholzさんを見たドバイの空港職員が、黒魔術師ではないかと考えてしまうのは無理もないことだろう。

「ドバイなんて二度と来ないよ!」とツイッターでつぶやいたBuchholzさんは、結局ドイツに送還させられてしまった。だが、彼の荷物だけは何故か留められており、未だBuchholzさんのもとに届いていないそうだ。

※ 画像はbbc.com/news/のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 椎名智深)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年8月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら