英クリスピー・クリーム・ドーナツ、新発売のシェイクが超高カロリーで大ひんしゅく。

英クリスピー・クリーム・ドーナツ、新発売のシェイクが超高カロリーで大ひんしゅく。
新発売された超高カロリーなシェイク(画像はmetro.co.ukのスクリーンショット)
小児の肥満が大きな社会問題となっている英国。専門家らが食生活の見直しや運動の大切さを熱心に説くものの、外食業界はその危機感に関心が薄いようだ。そのような中、人気ドーナツチェーンの「クリスピー・クリーム」が同国で販売を始めたシェイク類が…!?

ここまで甘くする必要はあるのか、乳脂肪分が多すぎるなどと消費者を驚かせているのは、米・ノースカロライナ州に本社を持ち、イギリスでも多数の店舗を構える人気ファストフードチェーン「クリスピー・クリーム・ドーナツ(Krispy Kreme Doughnuts)」。このほど店舗限定でシェイクの販売を開始したが、「美味しそうなのはわかるが、あまりにもカロリーが…」の声が集まっている。

具体的なラインナップとそのカロリーは、“チョコレートドリーム=555kcal”、“コーヒークリーム=446kcal”、“キャラメルクランチ=508kcal”、そして“イチゴクリーム=612kcal”。ちなみにここの人気商品に選ばれているドーナツは、どれも1個300kcalを下らないと言われている。それを2つ注文し、さらにシェイクも飲むとなればざっと1,200kcalとなるであろう。

人の体型は小児期のうちに形成される味覚や食生活、運動に対する意識が影響されると言われる。英国は現在ヨーロッパ最大の肥満国家で、BMIが20%を超える子供が増加の一途という現状に国家は総力を挙げて立ち向かおうと必死だ。だが子供に人気のファストフード店がそのような商品を提供している限り、この国の肥満問題は解決しないであろう

ちなみにアメリカでも高糖分・高脂肪分・高カロリーの3拍子が揃っているシェイク類に対しては、「これでは太らない方がおかしいではないか」と批判の声が年々高まっている。

※ 画像はmetro.co.ukのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年9月16日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら