YUKIが“紅白で頭に星”がついた奇跡の瞬間を振り返る。「あんな演出があればやりたい」

歌手のYUKIがNHKの音楽番組『SONGS』に出演して、2012年の白歌合戦で起きた出来事を振り返った。あの時、彼女がソロとなって2枚目のシングル曲『プリズム』を歌うその頭に、空から降ってきた星形の紙ふぶきの1枚がきれいに乗っかった。YUKIはその映像を見るのは初めてらしく、約2年を経て自ら確認すると大喜びしていた。

9月20日放送の『SONGS』では、番組初となるラジオ番組『YUKI FLY STATION 91.7』という形式をとった。ゲストのYUKIが「ラジオを通しての方がしゃべりやすい」と考案したもので、彼女はDJになりきってファンからのメールに答えていった。

メールの中に紅白で『プリズム』を歌った時の衣装について、「YUKIさんが自分でデザインしたものか?」という質問があった。彼女は「ステージに花が一輪ある感じにしたくて“お花”をイメージして作った」と答えている。また、自然の花びらはグラデーションがありそれぞれ色が違うように、衣装も「1枚、1枚染めていただいた」と明かす。

紅白で歌ったYUKIの映像がVTRで流れると、彼女が説明したように紫色のドレスは花を思わせ、1枚1枚の色が微妙に違うことが分かる。その時、YUKIの頭に星の紙ふぶきが舞い降りる場面が流れた。彼女は「あっ! ここで星がついたんだ!」とはしゃぐように喜んでおり、それを見たのは初めてらしい。「おーっ、これ全く気づかずに歌に入ってますね。入ってますね~」と歌う自分の映像を楽しんでいた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「紅白歌合戦」に関する記事

「紅白歌合戦」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「紅白歌合戦」の記事

次に読みたい「紅白歌合戦」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク