蜘蛛に指を一瞬だけ刺された女性。数時間後に指は壊死、切断へ。(英)

蜘蛛に指を一瞬だけ刺された女性。数時間後に指は壊死、切断へ。(英)
英・美容師、蜘蛛に刺され人差し指を失う(画像はmirror.co.ukのスクリーンショット)
       
あまりにも種類が多い蜘蛛について、私たちはその体の大きさや足の長さだけで危険か否かを判断することは不可能である。公園で蜘蛛に刺され、数時間後には激痛に襲われ指の切断を余儀なくされた女性がイギリスにいた。

蜘蛛にほんの一瞬刺されたことにより指を失い、6週間も入院するという恐ろしいことが起きたのは英ダラム州のシーハム。人差し指の欠けた手に表情も硬いこの女性は、4人の子の母親で美容師をしているアンドレア・ウォレスさん(44)。幼い子供2人を連れて近所の公園で遊んでいた中、蜘蛛に左手の人さし指を刺され、その毒で指は壊死。切断となってしまったのだ。

「チクッと虫に刺されたことを感じたけれど、ブヨ(=ブユ)か何かだと思っていた」とウォレスさん。しかし夜になるとその指は黒く変色してみるみる腫れあがり、激痛を伴って割れた皮膚から黒い膿がにじみ出るようになり、腕の静脈の色が変わったところで病院へ急いだという。

ウォレスさんの治療にあたった「サンダーランド・ロイヤル病院」の医師は英メディア『mirror.co.uk』に、「彼女はあと2時間ほどで壊死性筋膜炎により命を落とすところでした」と話しており、爬虫類や昆虫などに刺された時、決してそれを侮ってはならないとした。美容師という職業ゆえ、医師らはウォレスさんの指をどうにか救おうと14回も接合手術を試みたが、それは叶わなかった。ウォレスさんの指を刺した蜘蛛は、おそらくは「カガリグモ(英名:False Widows)」であろうとのこと。この蜘蛛に刺される症例が夏から秋にかけて多発するそうだ。

※ 画像はmirror.co.ukのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。