続・日に100回の病的オーガズムに襲われる米男性、TVインタビューで泣き崩れる。

続・日に100回の病的オーガズムに襲われる米男性、TVインタビューで泣き崩れる。
持続性性喚起症候群の苦しみを語る男性(画像はmirror.co.ukのスクリーンショット)
       
数日前のこと、1日に100回ものオーガズムに襲われ、日常生活もままならなくなっているアメリカ人男性の話をご紹介した。このほど行われた海外TVとのインタビューで思わず泣き出してしまったその男性。彼を心配する声が世界中で高まっている。

まず聞きなれない「持続性性喚起症候群(Persistent Genital Arousal Syndrome)」という病気。極めて珍しいこの病気はこれまで女性患者ばかりと言われてきた中、勇気を持って告白した初めての男性が米ウィスコンシン州トゥーリバーズに暮らすデール・デッカーさん(37)であった。彼は日常の何気ないシーンにおいて体がいきなり性的興奮状態となり、オーガズムが生じてそれが日々幾度も繰り返されると嘆く。2012年9月、椅子から立ち上がった瞬間にぎっくり腰を起こし、椎間板ヘルニアと診断された時からその症状が始まったため、医師からは骨盤神経の外傷が生殖器の過敏反応につながった可能性があると説明されたそうだ。

勃起を伴うだけに、人目が気になり公の場所にほとんど出られず、仕事も辞め妻のエイプリルさん(33)ともベッドは別。クリスチャン君(12)、タイテン君(11)という幼い息子のよきパパであるだけに、デールさんは「家庭がギクシャクすることが非常に怖い」と話していた。そんな衝撃的な告白を行ったデールさんが、このほど衛星を通じて英メディアITVの情報番組『This Morning』のインタビューに応じ、沈鬱な表情で近況をこう語った。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。