エボラ出血熱犠牲者に遺体回収チームが到着も、住民大ブーイング。リベリアの苦悩。

エボラ出血熱犠牲者に遺体回収チームが到着も、住民大ブーイング。リベリアの苦悩。
リベリアで住民と遺体回収チームがトラブル(画像はabcnews.go.comのスクリーンショット)
これがエボラ出血熱の流行地の現状。そして、これが現地に派遣されて活動しているスタッフと住民との間の、埋めがたいと言われている溝の原因なのであろう。米『ABC News』が興味深い映像を伝えている。

あまりの具合の悪さに道端で倒れた労働者だという37歳の男性。毛布がかぶせられ、皮膚は黒く変色し、しかし助けを求めても誰も来てくれない。リベリアの首都モンロビアである以上、当然エボラ出血熱患者であることを予想しなければならないからだ。やがて動かなくなったという情報に米国主導の遺体回収・埋葬チームが車で駆け付けた。しかし…。

米メディア『ABC News』が伝えているその映像は、同局の番組『Good Morning America』のためにリチャード・ベッサー博士がレポートした現場の様子である。完全な防護服を着用したスタッフたちは、その男性がエボラ出血熱で死亡したものと予想して黒いビニール袋に包み、埋葬の地に運ぶべく専用車に乗せようとしたが、はみ出ていた男性の手が動いたことから、その場にいる住民らが「死んでいない! まだ生きている」の叫び声をあげる。男性の体は再び同じ場所に横たえられ、約10分後に救急医療チームが現れて医療施設へと運んで行った。

この地区のリーダー格の人物は、「何日にもわたりこの男性を助けてくれるよう要請していたのに、治療をする気がないのか救急車も誰も来てくれなかった。死んだと伝えたら1時間もなく遺体回収チームが現れたんだ」と話しており、住民らは怒りに任せて次々と野次やブーイングの声を彼らに浴びせている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年10月4日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら