中国KFC、チキンからウジ虫で女性客仰天!

中国・広東省にある「ケンタッキーフライドチキン」のとある店舗で、女性客に販売されたチキンに肉とほぼ同じ色のウジ虫が混入していたことが分かった。3か月前に世界のファストフード・ファンを驚かせた“不衛生な工場で期限切れの肉も使用”といった報道が記憶に新しいだけに、ショックは大きい。

3日、『TomoNews US』さんが、“KFC secret recipe revealed: Worms found in chicken wings from Guangzhou restaurant”というタイトルでYouTubeに1本の動画を投稿した。中国・広東省広州のとある「ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)」でLiu Tsaiさんという34歳の女性客が購入したフライドチキンの中から、生きたウジ虫が発見されたのだ。

購入したのは「オリジナルチキン10ピース入り」。5つ目のチキンを食べようとして気づき、苦情を入れた。商品は新しいものと交換されることになったが、ウジ虫とチキンの色はほぼ同じで分かりづらいことからLiuさんは動画に収め、地元メディアに情報を提供。ニョロニョロとうごめくその様子には「身の毛がよだつ」とのコメントが相次いでいる。

英紙が中国の大手鶏肉加工会社に潜入取材し、床に落ちた肉を平然とカゴに戻す不潔極まりない扱いを伝えた衝撃的な映像、そして「上海福喜食品」がマクドナルドやKFCなどに変質あるいは期限切れの食肉を供給していた問題など、今年7月に世界に向けて発信された“チキンショック”の報道は記憶に新しい。品質・衛生管理の徹底的な改善を求める声が高まっている。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月9日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。