ビートたけし、長寿番組の秘訣を語る。「文句を言わない。言われた通りにする」

ビートたけし、長寿番組の秘訣を語る。「文句を言わない。言われた通りにする」
ビートたけしが明かす長寿番組の秘訣とは?
放送期間は実に31年6か月、惜しまれながら今年3月末で長い歴史に幕を閉じた平日お昼のトークバラエティ番組『笑っていいとも!』。ここまで長い期間でなくても、司会者が変わることなく5年、10年と放送を続けるバラエティ番組には何か秘訣があるのだろうか。

『笑っていいとも!』の司会を最初に打診されたのは、ビートたけしだったことは有名な話である。だが驚異的な聴取率を誇った週一のラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』でさえ、ドタキャンも含めてたびたび休んでいたたけしは、自分が帯番組向きではないことは誰よりも分かっていた。“とてもじゃないけど出来ない”とたけしに断られた番組プロデューサーが次に頼んだのが、タモリ。当時の彼は深夜番組向けタレントで、タモリ自らも“今でいう江頭2:50みたい”だったと証言している。そんな彼を司会に起用し、ここまでの長寿番組になろうとは誰が予想していただろうか。

10月6日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)でこの話をしていたたけしにレギュラー阿川佐和子が、「長寿番組の秘訣というのは?」と尋ねる。たけしも10年単位で続く番組には欠かせない存在として、MCやレギュラーで活躍しているからだ。

「秘訣? 文句を言わない」と語気を強めるたけし。内容や構成、そしてギャラの額まで、“制作側の言われた通りにする”のが番組を長続きさせる秘訣だというのだ。昔は番組のために良かれと思い、意見したこともあったらしい。「それやりだすと、長生きできないんだよ」。たけしの“長生きできない”とは番組が短命に終わることを意味するだろうが、これを繰り返すと各局のプロデューサーらから使いづらいと思われ、タレント生命までも終わってしまいそうである。

タモリさんもそうだった。何も文句言っていなかったと思う」と、10年以上『笑っていいとも!』のレギュラーを務めた爆笑問題が寂しそうに話す。タモリは番組終了が公になった後、長い間レギュラーを務めてくれた出演者の楽屋を自ら訪ね、情報漏れを防ぐため事前に知らせることができなかったことを詫びて回ったと伝えられている。『笑っていいとも!』があれだけ長く続いたのは、タモリの気遣いと忍耐の賜物だったのかと非常に感慨深い思いである。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

あわせて読みたい

ビートたけしのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「劇団ひとり」のニュース

次に読みたい関連記事「劇団ひとり」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダウンタウン」のニュース

次に読みたい関連記事「ダウンタウン」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ビートたけし 事故

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。