ゲスの極み乙女。ボーカル・川谷は、お笑い芸人を目指していた! 事務所は“人力舎”と決めていた。

ゲスの極み乙女。ボーカル・川谷は、お笑い芸人を目指していた! 事務所は“人力舎”と決めていた。
ゲスの極み乙女。が「王様のブランチ」にVTR出演。(画像は『twitter.com/gesu_otome』のスクリーンショット)
“ゲスの極み乙女。”…一度聞いたら誰もが忘れられないバンド名だ。今、人気急上昇中のゲスの極み乙女。だが、意外にもミュージシャンではない夢を持っていたメンバーもいるという。

ゲスの極み乙女。”というバンド名を、お笑いコンビハマカーン浜谷健司のネタである「下衆の極み」のパクリか?―と疑う声もあるらしい。だが実際はキーボード担当の“ちゃんMARI”が使っていた美大生の友人が作ったトートバックに、“ゲスの極み乙女。”と印刷してあったのがボーカルの川谷絵音の目に留まり、メンバー同士が集まった食事会で提案し決まったのが名前の由来である。この時ハマカーン・浜谷のネタは、頭に無かったそうだ。

11月8日放送の『王様のブランチ』(TBS系)でインタビューを受けたゲスの極み乙女。はバンド名の命名秘話から始まり、川谷が本気でお笑い芸人になろうとしていたことも明かされた。

大学に入学してから軽音楽部に入り、ギターを始めたという川谷。それから動画投稿サイトYouTubeで色々なバンドのライブを見ているうちに、サイトで紹介されているお笑いの動画も度々見るようになった。するといつの間にかバンドの動画には全く関心が無くなり、お笑い動画ばかり見るようになってしまったという。

“よし、お笑い芸人になろう!”と心に決めた川谷は、お笑い芸人専門の芸能事務所「プロダクション人力舎」の門を叩こうと本気で考えていたらしい。しかし軽音楽部の先輩から半ば強引にバンドメンバーに引き入れられ、それから音楽活動一筋となったようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年11月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「芸人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら