高見沢俊彦、「ウルトラマンタカミー」に変身。「タカミウム光線」も炸裂! 本家本元・根岸拓哉も「羨ましい」。

高見沢俊彦、「ウルトラマンタカミー」に変身。「タカミウム光線」も炸裂! 本家本元・根岸拓哉も「羨ましい」。
高見沢俊彦、「ウルトラマンタカミー」に変身!
10日、映画『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』制作発表会が行われ、ウルトラヒーロー10人、隊員たち10人が横浜・NISSANホールのステージに一堂に集結した。なんとも豪華で圧巻な絵であるが、その本家本元のウルトラヒーローをよそに、生身の体にマントをまとい、怪獣たちを次々に倒した驚きのヒーローが現れた。それはTHE ALFEEの高見沢俊彦(60)。ウルトラマンギンガ・礼堂ヒカル役の根岸拓哉(18)もなぜか羨ましがる事態となった。

2015年3月14日(土)全国公開の同映画に出演しているキャストたち、そしてメガホンをとった坂本浩一監督、さらにウルトラヒーローたちが次々にポーズを決めて登場すると、ステージはまるで映画の中の世界のよう。敵役の怪獣が出てこないのが残念なぐらいである。


そこにスペシャルゲストとして深紅の華やかなスーツで登場したのが、高見沢俊彦である。これまで数々のウルトラマン関連の楽曲を提供し、この新作映画の挿入歌『英雄の詩』を手がけた高見沢だが、実は大のウルトラファン。今年の春に還暦を迎えたときには地球人として初めて赤いマントをプレゼントされて大喜びであった。


同発表会では来年発売予定のDVD『スペシャル・ショートムービー 激闘バトル!ウルトラマンタカミー』の一部も紹介された。この中でビルよりも巨大な高見沢本人がウルトラマンの衣装に身を包み、マントをひるがえし、必殺技「タカミウム光線」で敵と戦っていた。通常のウルトラマンシリーズと大きく違うのは、顔は高見沢のままなのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

坂本浩一のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年11月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「真利子哲也」のニュース

次に読みたい関連記事「真利子哲也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら