高見沢俊彦がTHE ALFEEのリーダーになった真相語る。「僕がエライわけじゃあない」

高見沢俊彦がTHE ALFEEのリーダーになった真相語る。「僕がエライわけじゃあない」
THE ALFEEのリーダーである高見沢俊彦
ロックバンド・THE ALFEE(ジ・アルフィー)のリーダー・高見沢俊彦がバラエティ番組『ライオンのごきげんよう』に出演し、今年THE ALFEEがデビュー40周年を迎えたことについて語った。その中で彼がリーダーとなった真相にも触れており、アルフィーらしいいきさつに共演者たちも納得していた。

THE ALFEEは今年でデビュー40周年となる。“王子”、“たかみー”の愛称で親しまれるギタリストの高見沢俊彦も60歳の還暦だ。12月4日に放送された『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)にその高見沢が出演して他のゲスト、武田真治マキタスポーツとトークを楽しんだ。

高見沢は“今年の重大ニュース”について、バンドが40周年を迎えたことを挙げると「いつも通り活動が出来ることがありがたい」と感謝する。だが、40周年だからと特別なことはやらずにいつも通りコンサートを大切に活動を続けているそうだ。司会の小堺一機がTHE ALFEEが活動休止もなく40年間続いていることに感心すると、高見沢も「ずっと、一緒ですね」と改めて気づいた。

以前はTHE ALFEEのリーダーを坂崎幸之助が務めていた。しかし、ある時から「週番制にした」と高見沢は明かす。「今週は桜井、今週は俺ね」とやっていたがついに事務所から怒られた。「お前らいい加減にしろ! ちゃんと決めろ!」と言われて多数決で高見沢俊彦がリーダーとなったのだ。彼はそんないきさつを説明して「僕が一番エライわけではないんです」と主張する。...続きを読む

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年12月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。