マツコ・デラックスが、死亡保険金の受け取りに関してお願い。「同性同士のカップルに柔軟な対応を!」

マツコ・デラックスが、死亡保険金の受け取りに関してお願い。「同性同士のカップルに柔軟な対応を!」
同性カップルの現状を語ったマツコ・デラックス
12月21日、ミュージシャンのエルトン・ジョンが、今年3月にイギリスで同性婚が合法化されたことを受け、20年以上も一緒に暮らしている男性と晴れて正式に結婚した。日本でも先日、女性芸能人同士の同性婚が話題になったが、法的には同性婚が認められていないため、財産分与などの合意事項について公正証書を作成するという。この話題で女装タレントのマツコ・デラックスは、生命保険会社に向けて、同性婚のカップルに対する生命保険金の受け取り設定に配慮が欲しい―と訴えた。

エルトン・ジョンは2005年、“市民パートナー”としてお相手の男性と事実上の結婚。代理母を通じて2人の男の子も生まれている。イギリスの“市民パートナー”は税制面などで結婚とほぼ同等の権利が認められているが、今回「同性婚の合法化」を受け正式に結婚した形だ。

12月22日放送の『5時に夢中!』“夕刊ベスト8”のコーナーで、同性婚に関する記事へのコメントを求められたマツコ・デラックスは、長い間一緒に暮らしている同性同士のパートナーは様々な問題に直面していると話す。

たとえば日本で生命保険に個人で加入する際、死亡保険金の受取人は、「配偶者および2親等以内の血族の範囲」と指定される場合がほとんどである。この点についてマツコは「何十年連れ添っていても保険金も残すことができない」と、知り合いの話なのか口調に力がこもる。そして法律を変えるのは大変だが、保険会社に受取人の範囲の柔軟性を求めた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マツコ・デラックス 5時に夢中!
  2. マツコ・デラックス マツコの知らない世界
  3. マツコ・デラックス マツコ会議
マツコ・デラックスのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年12月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マツコ・デラックス + マツコ会議」のおすすめ記事

「マツコ・デラックス + マツコ会議」のおすすめ記事をもっと見る

「マツコ・デラックス + 夜の巷を徘徊する」のおすすめ記事

「マツコ・デラックス + 夜の巷を徘徊する」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柏木由紀」のニュース

次に読みたい関連記事「柏木由紀」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら