アリアナ・グランデ、『NYポスト』が選んだ“2014年のディーヴァ”トップに!

アリアナ・グランデ、『NYポスト』が選んだ“2014年のディーヴァ”トップに!
ディーヴァぶりが何度も報じられたアリアナ
今年も、「このセレブが、こんなことをした」「あんなことも言った」とにわかには信じがたいディーヴァ伝説が多く浮上した。なかでも特に意外だったのが、華麗な容姿が魅力的な歌姫アリアナ・グランデに関する報道の数々であった。

このほど『NYポスト/Page Six』が2014年に印象に残ったディーヴァ報道を特集し、6人のトップセレブを取り上げた。1位は、やはりアリアナ・グランデ。同サイトはアリアナがファンに対して「みんな死んだらいい」と暴言を吐いたという報道をあげ、「うかつにもポップ界の最新ディーヴァになった人物」と書き立てた。

続いて2位に選ばれたのは、ニック・キャノンとの結婚破たんでずいぶん荒れている様子の歌姫マライア・キャリーだ。


マライアは先日、クリスマスツリー点灯式にて披露するはずだったパフォーマンスに数時間も遅刻。双子の親権について弁護士と話していたためと報じられ、「公私混同もはなはだしい」と全米メディアにこっ酷く叩かれた。

3位は、キム・カーダシアンの異父妹でモデルのケンダル・ジェンナーだ。こちらは8月にレストランで食事をした際に、「酒を出さぬスタッフに激昂し、金も払わず出て行った」「その後追ってきたウェイトレスに金を投げつけた」と伝えられた。だが本人はこれを否定している。

4位は、歌姫ニッキー・ミナージュ。ニッキーは音楽授賞式でイギー・アゼリアとの不仲を問われてふて腐れたとのこと。その後、ある記者はニッキーについて「職場でニッキーほど私を軽視した人はこれまでいない。ファンだったことを今では恥じている」とツイートしている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュース

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビヨンセ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビヨンセ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュース

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月31日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。