デルタ航空機でコックピット扉が故障。用を足した機長が戻れないまま着陸。(米)

デルタ航空機でコックピット扉が故障。用を足した機長が戻れないまま着陸。(米)
デルタ航空機でコックピット扉が故障。機長が席に戻れず(画像はデルタ航空MD-90型機)
       
米ラスベガス上空で29日、デルタ航空機のコックピットの扉にトラブルが発生。外で用を足した機長が席に戻れず、副操縦士が単独で着陸を試みるというハプニングがあった。

問題の旅客機は168人の乗客乗員を乗せてミネソタ州ミネアポリスを出発し、ネバダ州ラスベガスに向かっていたデルタ航空1651便(機材はMD-90)。用を足すためにコックピット外に出た機長が、扉の故障により操縦席に戻れなくなったという。

副操縦士が管制塔にその旨を連絡したのは着陸間近のこと。そこから副操縦士の単独操縦による緊急着陸態勢に入り、飛行機は13分後、ラスベガスのマッカラン国際空港にほぼ定刻通りの午後12時30分に無事着陸となった。

同エアラインの広報担当者リンゼイ・マクダフさんはこの件について、「副操縦士1人でも正確に着陸させられるよう、当社では徹底した操縦技術の訓練を行っています」と安心感をアピールしている。だが、機体の整備において不備があったことは事実。乗客にとって「Emergency landing(緊急着陸)」というアナウンスを聞くことほど怖いものはない。

※ 画像はデルタ航空MD-90型機のイメージです。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月31日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。