和田アキ子を怯えさせる、アンガ・田中のヴァイオリン。35歳で始めて3年、上手くならないのが悩み。

和田アキ子を怯えさせる、アンガ・田中のヴァイオリン。35歳で始めて3年、上手くならないのが悩み。
アンガ・田中卓志、ヴァイオリンも極められるか
お笑いタレント田中卓志アンガールズ)は、ヴァイオリンを習い始めて3年が経ったそうだ。多趣味で知られる田中だが、ヴァイオリンだけはなかなか上達しないらしい。ある番組で得意の「エーデルワイス」を弾いたのだが、笑えるほど下手ではないが長くは聞いていられないという“微妙な腕前”であった。

趣味の紅茶を極め、2011年にはNHK Eテレで「紅茶学」の番組が放送されるまでになった田中卓志(アンガールズ)。また野原などで採取した苔を、独学で育てているという。

ヴァイオリンは好意を寄せた女性がきっかけで始めたのだが、そのお相手とは残念ながら交際に至らなかった。ただ30万円もするヴァイオリンを購入したばかりで、レッスンも開始していたのでそのまま続けてみたらしい。しかし3年間真面目に取り組んだにもかかわらず、なかなか思ったように弾けないようだ。

2月15日放送の『オバケSUN』第6弾「ハッとしたノートの会~人生がちょっと楽しくなる気づき~」(中京テレビ)によるとヴァイオリンの世界では一般に、“アーリー”(6歳くらいまでに始めた人)と“レイト”(それ以降に始めた人)と分けられるそうだ。最近は田中のようにレイトでヴァイオリンを始める人が増え、レッスンに通う人も多い。

田中は「身近にレイトで上手くなっている人がいない」ことから、このまま続けることに不安を抱えているのだ。そこで音楽教室でヴァイオリン担当の講師に訊ねてみると、やはり小さい頃から始めた人とは違うと話す。関節が硬くならないうちにやっていると楽器に手が慣れ、内耳が柔らかいうちに音を聞くと細かい音程の差や響きを聞くことができる。練習次第でレイトも上達するが、アーリーが有利なことは明白だということだ。

あわせて読みたい

和田アキ子のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「和田アキ子 + Instagram」のおすすめ記事

「和田アキ子 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「和田アキ子 + しゃべくり」のおすすめ記事

「和田アキ子 + しゃべくり」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「みのもんた」のニュース

次に読みたい関連記事「みのもんた」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年2月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 和田アキ子 Instagram
  2. 和田アキ子 しゃべくり
  3. 和田アキ子 アッコにおまかせ!

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。