『スタートレック』の“カーク船長”、“スポック”レナード・ニモイの葬儀に参列せず。批判に反論。

『スタートレック』の“カーク船長”、“スポック”レナード・ニモイの葬儀に参列せず。批判に反論。
ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ(左)の葬儀欠席で大騒動に。
先日、『スタートレック』に登場する“スポック(Spock)”役で知られる俳優レナード・ニモイが、83歳にして永眠。その死を大勢のファンや関係者が悼む中、同作品で共演した“カーク船長(Captain Kirk)”ことウィリアム・シャトナー(83)が葬儀に参列しないことを明かした。これを知ったメディアの一部はシャトナーを“Captain Jerk(最低野郎船長)”と報道。ファンからも批判が噴出したことを受け、シャトナーがTwitterで反論した。

人気俳優レナード・ニモイが、2月27日に慢性閉塞性肺疾患のためこの世を去った。しかし映画共演者ウィリアム・シャトナーは、“赤十字のチャリティイベント”への出席を理由に葬儀の欠席を決定。そのため各方面から大バッシングを受けたシャトナーがTwitterを更新し、こう記した。

「資金集めを目的とするイベントへの出席は、何か月も前に決定していました。私はその約束を果たす選択をしたのです。」

これに対して「プライベートジェット機に乗れば葬儀に間に合うのでは?」というメッセージも寄せられたが、シャトナーは「ジェット機の手配や費用につき、君は私にメールをくれたのか?」などとバッサリ。またロサンゼルス行きの飛行機が夜通し運行されているわけではないとも書き、苛立ちを露わにした。その後シャトナーはファンから届いたニモイに関する質問に次々と答え、彼と過ごした日々を振り返った。

「彼と私は、友人になる運命で結ばれていたようだ。」
「彼は善良な人物でプロ根性もあった。」

シャトナーは同じくTwitterでそうニモイを讃え、彼の死を悼んでいる。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月2日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。