アンジェリーナ・ジョリー、両乳房切除から2年。卵巣・卵管も摘出。

アンジェリーナ・ジョリー、両乳房切除から2年。卵巣・卵管も摘出。
両乳房切除を経て、卵巣・卵管も切除したアンジェリーナ・ジョリー
母から受け継いだ遺伝子ゆえに乳がん、また卵巣がんにかかるリスクが高いと知った米女優アンジェリーナ・ジョリー(39)。養子、実子の計6人の母であるアンジーは、がんを患う前に手を打つ決意を固め、2013年には両乳房を手術で切除しその後再建手術も受けた。あれから2年、「子作りのために卵巣の手術は延期か」とも噂されたが、無事に卵巣摘出手術を終えたことを発表した。

両乳房の切除手術から2年、女優アンジェリーナ・ジョリーが卵巣と卵管を取り除く手術を先週終えたと発表した。アンジーは、『ニューヨーク・タイムズ』紙のゲストコラム欄にてそれを公表。実はまだ時間的なゆとりがあると考えていたものの、2週間前に受けた血液検査の結果「炎症マーカーの値が上昇している」と分かり、急遽外科医の診断を受けることを勧められたそうだ。

「おそらく何千人もの女性が感じたことを、私も経験しました。“落ち着きなさい”“強くなりなさい”と自分を励ましたのです。私は子供達の成長を見届けて、孫たちに会う。そう考えない理由などないとも言い聞かせました。」
「フランスにいたに電話をすると、彼は数時間で飛行機に飛び乗ってくれました。」

ちなみにアンジーは卵巣がんで死去した母の担当医に会ったとのこと。「お母さんにそっくり」と言われたアンジーは泣き崩れたというが、医師と微笑み合い問題に取り組もうと決めたという。その後、数日間は検査結果が揃うのを待ち、

当時の記事を読む

アンジェリーナ・ジョリーのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アンジェリーナ・ジョリー」に関する記事

「アンジェリーナ・ジョリー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アンジェリーナ・ジョリー」の記事

次に読みたい「アンジェリーナ・ジョリー」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。